2006年12月23日

探索手記 -六日目-

朝、私の枕もとに置かれていたフシギな包み。
聞けば、誰も足音など聴いていないという。


一体誰が置いていったのか…フシギというか、不審というか。
とりあえず手に取ってみる。重さはそれほどではない。
クリスマスツリーとサンタクロースの描かれた包装紙の隙間から、カードが一枚ぱらりと落ちた。

ドレスの準備ができましたのでお届け致します。

ドレス。……クリスマスパーティへの招待、だろうか。
このカードにはそれらしき事が書かれている。
独り舞踏会場へと飛ばす馬車よりも、多人数で喋りながらゆっくりと踏む足拍子の方が好ましい、とも。
私も賑やかなのは好きだ。独り歩くよりも連れが居た方がいい。

思えば、この探索もそうだ。
当初、私は一人で行くつもりだった。けれど、一人だと言い知れない不安がある。
良くも悪くも私は集団行動向けの性格なのだろう。


包みの中身はカードの通りドレス……と言って良いものか解らない代物だった。
半透明の生地が大半を占め、頭からすっぽりと被る。着ぐるみに近いもの。

そう、生地の大半が半透明なのだ。
正面は不透明な生地でカバーされているけれど、横・あるいは後ろからは淡く透けている。
着たならば身体は透けてしまう…ような気がする。
しかし、このまま無碍に捨ててしまうわけにもいかないだろう。
誰も居ない事を確認してから、私は服に袖を通してみた。
……周りの視線が、微妙に気になるけれど。


包みといえば、受取ったのは私だけではないようだ。
アルテイシアさんも、普段のコートとは違う赤い服に身を包んでいた。
なるほど、サンタクロースのコスチュームだ。
よく似合っている。……なんで私は着ぐるみなんだろう。ちょっとだけ羨ましい。


六日目の探索はそれ程問題も無く、順調に進んだ。
魔法陣から山岳地帯を越え、砂地へ。
見渡す限りの砂、砂、砂…集めた情報によると、この先二日の位置には魔法陣は無いようだ。
協議の結果、山岳地帯に戻り、さらにその先にある魔法陣を目指すという事になった。
山岳地帯には鉱石類が多い。魔石の材料のみならず、良質な物理装備にする事もできる。
下準備としてはもってこいだ。尤も、その分敵は強いのだけど…。

兎に角、今は出来る限りの準備をするしかない。
目の前に立ちふさがる、殻を持ったミミズを打ち倒して。



■追記■

不思議な森へと迷い込んだ。
夜、ちょっとした散歩のつもりで歩いていたのだけど…突然、目の前に桜の木が生えた丘が飛び込んで来たのだ。
慌てて辺りを見回すと、居たはずの砂地ではなく森の木々が目に飛び込んで来た。
テレポータでも踏んだのだろうか。そうこうしているうちに雨まで降ってきた。
木の下で雨宿りをしていると、宿があるという声。本当は夜が明けたら即探索なのでまずい…のだけど。
情報収集は基本だ。宿であれば何かの情報があるだろう。
そんなわけで宿へと走る。話を聞くと、この森は遺跡とは時間の進み方が違うらしい。
何かの魔法が掛かっているのか、あるいはそれ以外の超常的な力なのかは解らないけれど、兎に角安心した。

エニシダさんに指摘された、「クロスレンジでの戦闘手段」。
私はそれを持っていない。色々考えた結果、槍や格闘ではなく短剣が私には合っていそうだ。
短剣の訓練をすることにしよう。
posted by Altair at 18:27| Comment(0) | 探索手記 -第一回探索-
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。